(*1)「六星占術」は、細木数子先生が考案された占いであり、細木先生の登録商標です。2020年の占いの解説サイト「2020年占い.jp」は、細木先生によって確立された占いカテゴリーである「六星占術」の理論を2020年の運勢に当てはめ、独自の視点から解説します。
(*2) 2020年の占いの解説サイト「2020年占い.jp」は、占いについての理論を2020年の運勢に当てはめ一般的な解説するものであり、サイト利用者の皆様について個別に占った結果を提供するものではありません。ご自分の運勢を占ってもらうことを希望される方は、細木先生のウェブサイトなどをご覧ください。

総合運

2020年の六星占術・火星人マイナスの方の運勢を見ていきましょう。

これまでとても良い流れてきていたものの、ここから若干のブレーキがかかることは意識をしておいてください。

なぜならばこの2020年からは、健弱という肉体的な疲労が出てきたり、これまでの勢いのまま頑張ってしまうと、うまくいかないことが多くなる運勢に行ってきたからね。

人間誰しも常にトップスピードで頑張るということはできませんし、少し緩めて心身ともにリフレッシュさせることが必要な時もあります。

まさに2020年は火星人マイナスのあなたにとってそのような運勢がやって生きているのです。

年号も変わって、あなたの気持ちでこの2020年を迎え、明るい気持ちでこれまで同様勢いよく頑張りたいところですが、高すぎるモチベーションが仇になる可能性があります。

じっくりと体と心を休めてエネルギー充電をすることが、この2020年の大きなテーマであることを認識しつつ、来年の大きな飛躍運に備えて、ここはいったん心を落ち着かせることに専念をしておきましょう。

2020年前のあなたの運勢としては、過去3年間、種子から始まり、緑生、立花と、順調に運勢の波を持って行きました。

特に昨年に関しては一つの完成を意味する立花でしたので、仕事の面では昇進をしたりだとか、恋愛の面でも何かとプラスになるような出来事が多かったと思います。

物事の完成を意味する立花はあなたに達成感と充実感を与えてくれたはずです。それはただモチベーションだけではなく、現実的に何かを成し遂げるということが多かったので、それによってあなたも充実した毎日を過ごせたのではないでしょうか。

まだ人間関係も良好になりやすいこれまでの運勢は、人とのつながりに喜びを感じるような出来事も多く、あなたご自身もストレス無く毎日を過ごせたかもしれません。

しかしここにきて急ブレーキがかかり、これまでの調子で頑張ってしまうと、逆に人間関係が壊れてしまう可能性があります。

人間関係が壊れるだけならまだしも、あなたご自身にエネルギーが充満しておらず、枯渇しているような状態になっているので、そのままの調子で前進するのが非常に難しいのです。

ただしこの2020年の運気の低迷は、一時的であることがわかります。なぜならば来年訪れる達成は、12年の中で一番大きな成功を産んだからです。

更なる飛躍があなたを待っている可能性が高いので、ここは飛躍の前の踊り場だと割り切って、ゆっくりと休んでしまうほうが正解です。

2020年の運勢でやる健弱というのは、読んで字のごとく、まさに肉体的な疲労が出てきやすい時期となっています。

病気をするということではないのですが、何かとすっきりしないような毎日が続き安く、人によっては栄養ドリンクが手放せなくなるかもしれません。

体が弱ってきやすい時期でもありますので、例えば疲労が原因で免疫力が落ちてしまったり、風邪をひきやすかったりなってしまいます。

ですからこのタイミングでのあまりハードな運動というのは、出来る限り控えた方が良いということが言えるかもしれません。

このようにフィジカル面で起こるアクシデントによって、あなたの勢いが一旦抑えられる可能性が高いのはこの2020年の運勢の特徴なのです。

もちろんこれによってなんだか大きく破綻してしまったりだとか、何もかもが絶望的にうまくいかなくなるというわけではありません。

取り返しのつかないようなことが起こるわけでもないですし、これによって人生を棒に振ってしまうというわけでもありません。

ただしこれまでの3年間が、あまりに調子が良かったことが予想されるので、その勢いのまま進んでいくことができなくなるということです。

ですからここは大きく気持ちを切り替えて、サッカーでいうところのハーフタイムに突入したんだという気持ちでいることが大事です。

調子がいい時というのは無意識に体のコンディションを維持することが疎かになってしまいます。なぜならば調子がいいので睡眠をしっかりとったりだとか、食事をきちんとと取るということがおろそかになるからです。

ただしもの事なんでもそうですが、大きく飛躍する直前というのは入った大きな休憩があったりするものです。

これまで多少無理が聞いたこともなかなか無理がきかなくなってしまいますので、その点に関しては十分意識をしてみてください。

元々火星人の気質としては、非常に明るく、エネルギッシュな要素を持っていらっしゃいます。つまり前へ前へと突き進んでいくパワーがあるのです。

多少神経質なところもありますが、鋭い感受性を持っているので、周りの人に対する気遣いも忘れることがありません。

これはあなたにとって素晴らしい才能でもあるのですが、この2020年に関しては、あなたの雪様子が開花しにくい部分があるのも正直なところです。

繰り返しとなりますが2020年は、しっかりと休むことを最初の目標としてください。

あまり移動にも疲れを残したくないので、近場の温泉へ行くだとか、森林浴へ出かけるだとか、心と体に負担がかからないようなことを意識してください。

遠くのゴージャスな場所へ行くよりも、近場であなた自身がリラックスできるような場所を探すことが大切で、またできる限り頻繁に訪れる方が良いかもしれません。

その上でやはり食事が何よりも重要になってきますから、体に優しい食材を頻繁に食べるようにしましょう。

コンビニ弁当ばかり食べるということは、あなたにとっては百害あって一利なしということが言えるでしょう。

せっかくの健弱の時期なんで、ここはある意味大きな気持ちを持って、自分の食生活を見直してみるというのも良いことです。

これまでジャンクフードばかり食べて食事をおろそかにしてきた人は、その調子のまま来年に突入すると非常にもったいないことになります。

ですからここで一旦食生活を見直してみましょう。

2020年火星人マイナスのあなたにとっては、前に前に進むべき時期ではありません。

むしろここで一旦生活を見直して、自分自身の行動を見直し、整理整頓をすることが重要なのです。

それによってあなたが飛躍する準備が整うということが言えるのです。

金運

2020年の六星占術・火星人マイナスの方の金運を見ていきましょう。

これまで3年間が非常にお金の面でも良い音声が流れていたので、なかなか良い思いをされてきた人も多いかもしれませんが、ここに来て大きくブレーキがかかってきます。

ですからあまり散財をしないように心がけるところから始めるのが正解です。

心と体にもストレスがかかる時期ですから、どうしてもお金を使うことによってストレス発散したくなりますが、それはまったくもってよろしい行為ではありません。

この2020年は火星人マイナスのあなたにとって健弱と呼ばれる時期ですから、多少なりとのお金の面で不安が続くということが考えられます。

また一生懸命頑張ったところで仕事で大きな評価を得て収入が増えるということも難しいのです。

むしろ頑張りすぎることによって疲れが溜まったりだとか、あなたの行動が制限されるということもあるので、この2020年は休憩時期だと思って、しっかり休むことが大切です。

無茶をせずにそしてお金を使わずに毎日過ごすことによって、この時期をしっかり乗り越えていってください。支出のコントロールはできるのですから。

仕事運

2020年の六星占術・火星人マイナスの方の、仕事運を見ていきましょう。

仕事に関してもエネルギーが落ちてくるこの健弱という運勢では、あまり良い結果を期待できる時期ではありません。

むしろ体力も気力も共に落ち込んでしまう時期ですから、それが原因であなたご自身のモチベーションも落ちて、目に見えた成果が得られにくい時期ということが言えるので。

過去3年間と比べてしまうと、どうしても勢いが落ちてしまっていますから、あなたご自身も落ち込むことが多いかもしれません。

しかし来年以降あなたは大きく飛躍する可能性が十分残っていますから、ここはそういう時期なんだと割り切って思いっきり休んでしまうのが正解です。

これからもまだまだ長く続く仕事人生。少しくらいは小休憩があっても何ら問題はありません。

むしろ体と心のエネルギーが落ちているにもかかわらず、無茶をして前進しようと思っていること自体があまりよろしくないことといえます。

この2020年は疲れを取ることにまずは専念をしてください。その上で成果を求めるのではなくて、自分自身の今までの仕事内容を振り返ることにエネルギーを使ってもらいたいのです。

そうすることによってあなたにとってプラスの出来事が起こってくる運気と言えるでしょう。

恋愛運

2020年の六星占術・火星人マイナスの方の恋愛運を見ていきましょう。

恋愛においても一旦休憩の運気が流れてきているので、すでにお付き合いがある方でもここからあまり前進はしない方が良いでしょう

ここで頑張ってしまってもあなたご自身が、傷ついてしまうような出来事も多く、また、頑張った割にそれが報われない傾向が強いからです。

ものすごく恋愛運が悪く体が傷つくというわけではないのですが、この2020年はあなたご自身のエネルギーが非常に落ち込んでいるので、最後のひと押し二推しがなかなかできません。

恋愛とするということ自体非常に大きなエネルギーを必要としますから、その必要なエネルギー値にあなたが追いつかないのです

しかしあなたにとって来年以降は非常に大きなチャンスがやってきます。これまでの人生の中で最高の恋愛ができる可能性もありますから、そのために2020年は、まずは方向性を定めるところから始めてみてはどうでしょうか。

あなたにとって本当に素晴らしい恋愛を見つけるのに、自分が何を求めてるのかじっくりと考える時期がやってきているのです。

火星人マイナス

以上、2020年の占いの解説サイト「2020年占い.jp」が、細木先生の「六星占術」の理論に基づいて、「火星人マイナス(−)」の2020年の運勢を解説しました。どうぞ2020年も良い年をお過ごしください!