総合運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでペンタクルの7が出てきた方の運勢について見ていきましょう。

この一年はあなたが非常にやきもきするような場面が増えてくる一年ということがいえそうです。

というのも物事の進歩が非常に遅く、じれったい場面がたくさん出てくるような運勢をしているからです。

例えば子供の成長を見守るというのは、とても嬉しいものではありますが。

同時になかなか着替えてくれなかったり、お散歩中もあちこち遠回りをしてしまったりと。

なかなか大変な思いをされているお母さんも多いと思います。

この2020年の運勢はまさにこのようなイメージだということが言えるのです。

当然進歩をし、その成長を見届けることにより、あなたは将来大きなギフトを手にできる可能性は高いです。

しかしそれがこの2020年の間に起こるかと言うと、その可能性は非常に低いということがいえそうです。

どうせ結果が出ないのであれば、この一年はあまり焦ることなく、ゆっくりとその流れを傍観するようにしましょう。

あまりに感情的になってしまったり、こうであってほしいという願いが強くなると、それが叶わなかった時のダメージが大きくなります。

半分諦めているぐらいの気持ちの方が、あなたの心の負担が小さくなってくる運勢ですので、是非覚えておいてください。

一方逆位置で出てきてしまった場合はどうでしょうか

その場合には成長諦めて、途中で投げ出してしまうような状況になってしまいます。

のろのろとした状況の変化に耐え切れず、あなたの方からギブアップしてしまう可能性が高いのです。

辛抱強く待ちきれないような精神状態になり、努力することを放棄してしまう運勢だということが言えるでしょう。

2020年はどちらの向きで出てきたにしても、心の負担を出来る限り小さくすることを心がけてみてください。

今1度このカードの絵柄をじっくりとご覧いただきたいと思います。

浮かない表情をした若者が、開けた土地で自分の農具に寄りかかりながら、茂みの中に埋まっている7枚の金貨を見つめているのがよくわかりいただけると思います。

この若者のファッションを見ると、非常に色柄が地味なものを着ていることから、この植物を育てている農夫であり、7枚の金貨は農作物であることが判断できます。

彼の表情が歪んでいるのは、まさに今年の収穫というものが、あまり実りの良いものではなく、非常に時間がかかっているということがあるのです。

成長のスピードが予想よりも遅く、なかなか収穫できることがないのです。

それでも決してこの農作物の成長が止まっているわけではありません。

ゆっくりではあるものの、時間をしっかりとかけて、少しずつ成長していることは間違いないのです。

ですからこの農夫も、今の段階では諦めることができず、ただひたすらその流れを傍観するしかないのです。

先を急いで中途半端な状態で狩り取ってしまえば、そこで全てが終わってしまいます。

苦労を重ねてきた割に、いられるものがわずかという、非常に悲しい状況になってしまうのです。

ですからこの農夫は、諦めることもできず、ただこの植物の成長を見守るしかないのです。

まさに2020年の運勢はこのようなイメージを持ってください。

結果を出すには早すぎる、かといって待つには少々骨が折れる。

あなたにとってこの2020年は、辛抱の1年ということが言えますが、ただし無意味だ辛抱ではありません。

将来あなたにとって、プラスの方向に向かっていくための、辛抱であることをよく覚えておいてください。

金運

2020年の運勢を占った時、タロットカードで、ペンタクルの7が出てきたかたの、金運について見ていきましょう。

お金の面で言うと、報酬を得られるまでに非常に時間がかかるということが言えるでしょう。

もちろんあなたが今現在やられていることは、決して無駄なことではありません。

むしろ確実に成長をつづけており、それによりあなたにとってプラスになる方向に進んでいることは間違いありません。

しかしそれが、あなたの望んだ形になっているかどうかと言うと、話は別なのです。

とにかく結果が得られにくいこの2020年は、お金の面でもなかなか目に見えた成果が得られません。

もしくは給与額も上がって行かないので、転職などを考えてしまうかもしれません。

しかしまだ動き出すには、早いタイミングだということが言えます。

じっくりと焦らずに、丁寧に収入源を育てていってもらいたいと思います。

逆位置で出てきた場合にはどうでしょうか。

こちらでも不満を感じるような報酬額を提示され、あなたはちょっとイライラしてしまう可能性があります。

またなかなかエネルギーが沸いてこないので、収入を増やす努力をしようにもなかなかできないというところがあります。

2020年は、お金の面で頑張ったところで、あまり成果が得られない1人であることは注意をしてください。

仕事運

2020年の運勢を占った時、タロットカードで、ペンタクルの7が出てきたかたの、仕事運について見ていきましょう。

仕事に関しては、ジレンマを感じるほど遅いテンポで物音が進むので、非常にストレスが多い一年ということが言えるでしょう。

会社側からの移行で、なかなか成果が得られない場所や、難解な仕事を回されてしまうので、会社に行くのも億劫になってしまいます。

また待つことや辛抱することを強要されるので、ストレスもとても多い時期ということが言えるかもしれません。

2020年はひたすら待つことにより、チャンスが訪れるのを待つしかない運勢ですから、じっくりとその時が来るのを待ちましょう。

逆位置で出てきた場合には、より一層心のストレスが強く出てくるということが言えます。

頑張りが実らず、意欲を失うような出来事が起こるので、仕事上の成果が出にくい時期ということが言えます。

頑張りに比例して成果が上がって行かないので、とても苦痛な時期が続くのです。

2020年はとにかく待つ運勢です。辛抱強く待つ運勢なので。そのことを覚えて焦らないようにしてください。

そのこと自体が最大の防御になります。

恋愛運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでペンタクルの7が出てきたかたの、恋愛運について見ていきましょう。

この一年は時間をかけて成長するようなそんな恋愛とご縁がある時期となりますので、なかなか思い通りの成果は得られません。

ただし、悪い恋愛にのめり込むトラップもないので、今年好きになった相手は、あなたにとって非常に重要なキーマンである可能性があります。

また、進展が遅くジレンマ感じてしまうような場面もあるかもしれませんが、それはそれとして受け入れてみてください。

間違ってはいけないのが、目の前の恋愛を投げ捨ててしまうことです。

この一年で得られるご縁というのは、ただ成長のスピードが遅いだけで、決してあなたにとってマイナスに働くようなものではありません。

ですから大切に育むことが必要なのです。

逆位置に出てきた場合にはどうでしょうか。

この場合には、中途半端な恋に投げ出したくなる気持ちが強くなり、実際にその恋愛を諦める場面が増えてくるでしょう。

中途半端になって投げ出すことにより、あなたの恋愛はまたゼロからのスタートに戻ってしまいます。

この2020年はひたすら結果を求めてはいけない時期です。大切に温めることに専念をしましょう。

ペンタクルの7