総合運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードで、ソードの8を選んだ方の運勢を見ていきたいと思います。

この1年は絵柄のごとく、なかなかうまくいかないことが多い一年ということが言えるでしょう。

身動きが取れないような状態が続いて、なんとかせねばならないという気持ちも強くなるのですが、一方でどうしようもできないような環境が整ってしまいます。

あなたは非常に真面目で、正攻法のやり方でここから抜け出そうとするのですが、そのやり方が通じない場面が増えてくるのです。

それに合わせて、サポート運も期待できない時期なので、どうしても一人で空回りしてしまう場面が増えてきます。

言い方を変えれば、周りからの束縛を強くなる時期と言ってもいいでしょう。

自分としてはこのようにしたいだとか、こうやったほうがもっと効率的だという風に訴えても、それを受け入れてもらえません。

また会社でも、やめたくてもやめられない、逃げたくても逃げられないというような状況が続きます。

恋愛関係においても、別れたくても別れられないような、非常に我慢が多くなってくるような流れです。

この一年は正直忍耐が必要とされる時期ですが、永久に続くわけではありません。今はそんな時期だと割り切ってください。

逆位置になっても、このカードの意味というのは、それほど好転はしません。むしろさらに悪化するという流れになります。

運勢的に、困難や障害があなたに立ちふさがるというような流れになります。

さらに状況がどんどん悪化してしまい、頑張れば頑張るほど、虚しさが募ってくる状態となります。

また予期せぬ出来事や、予想できないような問題が算出し、まさに運命に翻弄されるような状態となります。

この一年は努力が報われない時期ですので、思い切ってゆっくりしてしまったほうが正解だと思いいるでしょう。

まずはこのカードの絵柄をじっくりとご覧になってください。

一人の女性が目隠しをされた上に、上半身を紐で縛られているのはよくわかるかと思います。

彼女が立っているのは水辺、そして彼女の周りを取り囲むように、8本の剣が立ち並んでいて、無防備に動いてしまうと、自分自身を傷つけてしまいます。

つまり彼女は、絶死の状況で、にもかかわらずどうしようもできない状態にいるのです。まさに身動きが取れないということを象徴しています。

少し離れた山の上には、お城が見えており、またこの後ろから、彼女は監視されているということが表現をされています。

しかし剣は完全に彼女を囲っていないこともよくご覧頂きたいのです。

さらに彼女を縛る紐は、それほどぐるぐる巻きになっているわけでもなく、またきつく巻かれている状況ではありません。

よく見ると下半身は自由であり、動こうと思えば動ける状態ではあるのです。

ですから、彼女は警戒心をもって、少しずつ少しずつ歩みを進め、この拘束から逃げ出すことも可能だということが表現されています。

足探りをしながら、少しずつ少しずつ剣の周りから離れ、ここから脱出できる可能性があることを、このカードは表現しているのです。

もともとこのカードの8というのは、一時的な拘束や束縛というものを意味しています。

その束縛とは、環境的なものもそうですし、さらにいうと精神的なものである場合もとても多いのです。

何か大きな無念を引きずっていたり、悔しさを後悔していたり。さらに更なる危険が襲ってくるのを臆病に感じていたり。

しかしこのカードが表す運勢は、勇気を持ち、しかし慎重に一歩一歩進んでいけば、状況が変わってくることを予見しているのです。

この一年あなたにもそのような姿勢を保ってもらいたいものです。

2020年の運勢は確かに厳しいのかもしれません、しかしそこから脱出すること、それは決して不可能ではないということ、是非覚えておいてください。

金運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでソードの8が出た場合の、金運について見ていきましょう。

正位置で出た場合、お金の運勢は、入ってくるはずのお金がなかなか入ってこなかったり、計画が思い通りに進まないということがあるでしょう。

もしあなたがお商売をされているのであれば、未入金が増えてくるなど、非常に苦しい状況が続きます。

契約を無視されたりだとか、入金が遅れたりだとか、そのようなことでイライラしてしまうことが非常に増えてくるでしょう。

このようにキャッシュフローが非常に悪くなってくるので、生活が困窮し、プライベートにも影響が出てくる可能性があります。

そんなことからこの2020年は、欲しいもの我慢しなければならない場面が非常に増えてくるでしょう。

お金の運勢はあまり良くないという風に言わざるを得ません。

では逆位置の場合はどうでしょうか。

この場合は更に状況が悪化し、苦しい状況からさらに抜け出せないような運勢が暗示として出ています。

この場合は絶対に借金をしてはいけません。借金をすればするほどそこから抜け出すのが困難になってしまいます。

同じように欲しいものが手に入らなかったり、何か悪質な手段を使ってそれを手に入れようとしてしまうこともあります。

ですがそのようなことは絶対にやらないでください。

悪い誘惑が頭の中をよぎることは誰でもありますが、それを実行するとあなたが後々大きな後悔をしてしまいます。

この一年は我慢をすることが重要です。

仕事運

2020年の運勢を見た時に、タロットカードで、ソードの8が出た場合の、仕事運について見ていきましょう。

仕事の場合も、状況がなかなか進展せず、あなたもどうすれば良いのか分からなくなってしまうところが出てきます。

まさに八方塞がりの状況となり、あなたはこれからどうすればよいのか途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

転職を考えても、転職をするほど良い案件が見つかりません。

この一年はひたすら我慢の時だけいうことが言えるでしょう。

逆位置の場合はどうでしょうか、この場合ももがけばもがくほど状況が悪化すると、最悪の状態となります。

ですからあまり無理をせずに、その場の様子を確認するにとどまり、何か手を打つのであれば誰かの力を借りましょう。

あなたが主導となって動くと、状況が大きく悪化する可能性があります。

恋愛運

2020年の運勢を見た時に、タロットカードで、ソードの8が出た場合の、恋愛をについて見ていきましょう。

恋愛に関しても、非常に我慢する場面が増えてくる時期となるでしょう。

相手がなかなか返事をしてくれなかったり、また相手の気持ちがなかなかわからなかったり。

頭の中で右往左往してしまう場面が非常に強くなってしまいます。

また仕事忙しかったり、家族の面倒を見なければならなかったりと、自由に動けないような場面も増えてきて、恋愛に没頭することができません。

また相手の方から急に連絡を拒否をされてしまったり、前に進みたくても勧められないような環境が整いやすい運勢です。

逆位置で出てきた場合には、さらに状況が難しく、もし恋が実ったとしても、苦労を強いられるような交際に発展する可能性があります。

何らかの理由で、相手の浮気を黙認してなければならなかったりだとか、友達に言いたくても言えないような恋愛にはまってしまうだとか。

とにかく自由がきかない状況が続きます。

運勢的にこの一年は、とにかく我慢や束縛が強くなってくる時期ですから、恋愛にはあまり向いていません。

来年以降に持ち越したほうが正解だと言えるでしょう。

ソード8