総合運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでワンドの2を引いた方の運勢を見ていきたいと思います。

この一年のテーマで重要なことは自己犠牲という言葉です。

この一年間は自分自身に犠牲を払うことにより、新しい道が開ける1年ということが言えるでしょう。

何も手放すこともなく、また何の犠牲も払うこともなく、新しいものを手に入れようとしてもこの一年に関しては無謀なことです。

欲しいものがあるのであればそれ相応の努力をしなければなりませんし、それなりのコストもかかってきます。

このように犠牲の精神を払うことにより、あなたご自身が次なるステップに進んで行ける時期ともいえるのです。

運勢はあなたに犠牲を要求しています。しかしとても不思議なことにこの一年は、あなたのモチベーションとして、そのような犠牲を払うことへの躊躇はなくなってくるでしょう。

むしろ未来に対しての野心を燃やすような感情が強くなり、目標に向かって邁進する力が宿ってくるからです。

周りの人からしたらちょっと大変な運勢かもしれませんが、逆にあなたにとってはプラスに働く可能性が高いので、ぜひ自信を持っていてください。

逆位置で出てきた場合にはどうでしょうか。

この場合には突然起こるような出来事に驚いてしまったり、予期せぬことが発生しやすい時期ということが言えます。

急遽予定変更をするようなことが起こりやすく、物事が順調に進んで行かない運勢ということが言えます。

このようなことが頻繁に起こるので、あなたご自身も混乱をしてしまうかもしれませんが、前進していることには間違いありません。

思わの予定変更にくじけることなく、自分自身の志を全うして頂ければと思います。

まずこのカードの絵柄をじっくりとご覧になっていただければと思います。

海岸に近い城の屋根に、一人の男性が背を向けて立ち、広がる景色を眺めていることがよくお分かりいただけると思います。

一本の棒は壁に来られ、もう一本の棒は手に持ちまるで門に見立てたように、日本の棒がしっかりと立っていることがわかります。

この男性は非常に良質な衣装に身を包み、高価な帽子をかぶっていることはよくわかりいただけるかと思います。

社会的にも経済的にも成功している人物なのですが、彼が眺めているのは、自分が手に入れた領地なのです。

彼はこの領地を決して楽に手に入れたのではないことをよくわかっています。

様々な物事を犠牲にし、その上に今の成功があることを実感しているのです。もちろんその結果彼は物質的には豊かになりましたが、心の中に幸福感が宿っているとは言い切れません。

どこか寂しさが漂い、孤独感すらも匂わせるような背中がそれを物語っているのです。

もう一つ注目してもらいたいのは彼の右手にも大アルカナの皇帝と同じように、小さなチキンを抱えているということです。

これは彼ご自身が、この領土では飽き足らずに、世界の制服を夢見ているということが表現されています。

彼は確かに豊かになりました。しかしそれでも彼は満足できず、さらなる成功を追い求めていることがよくわかるのです。

このようにこの2020年は、あなたご自身が次なる成功を手にするために、気合が入ってくる時期ということが言えます。

野心を高く持つことも正解なのですが、それによってあなたご自身が、何かの犠牲を払わなければならないことを、潜在的に分かっているのです。

2020年あなたは、犠牲を払いながらも邁進し、欲しいものを手に入れたくなる一年ということが言えるでしょう。

ある意味チャンスの時期ということも言えますので、躊躇することなく前進して頂ければと思います。

金運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでワンドの2が出たかたの、金運について見ていきたいと思います。

お金の面に関していると、能力が認められて、次なるステージに進んでいけるような時期となっています。

もちろんお給料が上がってくることも予想され、あなたにとってプラスの出来事が増えてくる時期ということが言えるでしょう。

ボーナスなども期待できる時期ですので、大きな臨時収入を得ることも十分に可能です。

また成功のための有意義な投資をすることもでき、プラスに働くことが強い一年ということが言えます。

ただし逆位置で出てきてしまった場合には状況が変わってきます。

先を考えずに投票してしまったりだとか、給与額を変更するような出来事が多く訪れるでしょう。

また予想していたよりも収入が少ないなどというようなことが起こり、収支のやりくりに大変な思いをするかもしれません。

この2020年はあなたにとって、お金の面で結構振り回されることが多いかもしれません。

カードが正位置でで来るときと、逆位置で出てくる時とではかなり状況が異なってくることは覚えておくと良いでしょう。

あなたにとってプラスの側面が、何なのかをしっかりと理解しながら、自己犠牲払っていくことが開運のポイントとなります。

仕事運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでワンドの2が出たかたの、仕事運について見ていきたいと思います。

仕事に関しても小さな積み重ねをすることにより努力が形になりやすい時期ということが言えます。

この時期は出来る限り小さい目標を達成することに集中をし、一つ一つ積み上げることが大事です。

ただしここで重要なことは、やるべきことは小さかったとしても、ビジョンは大きく持つということです

最終的にたどりつく場所を大きく描いておかなければ、この運勢の力を十二分に引き出すことはできません。

そして中途半端な取り組みとなり、自己犠牲を払うことができなくなってしまうのです。

あなたにとってこの2020年は自己犠牲を払うことによって開運する運勢となっています。

そのことをぜひともよく覚えておいてください。

逆位置で出てきた場合には、予想や目標が変更になる可能性が高いことをぜひ覚えておいてください

また出世欲が持てない状況になってしまったり、どこか投げやりな態度で仕事に向かい会うこともでてくるでしょう。

このようなことになってしまうと信用問題にもなりますし、あなたの仕事上での評価が落ちてしまう可能性が高いのです。

その件に関しては十分注意をしましょう。

恋愛運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでワンドの2が出たかたの恋愛運について見ていきましょう。

恋愛に関していると、どうしても仕事の面で熱心になってしまうので、恋愛がおろそかになってしまう可能性が高いです。

また受け身の異性があなたの周りを囲いこみ、なかなか思い通りに進まないことが多いかもしれません。

ただしこの一年は玉の輿にのりチャンスは十分にあり、お金にご縁のある人との恋愛が期待できる時期です。

せっかくのタイミングなので相手に甘えまくってしまうことをお勧めします。

逆位置で出てきた場合にはどうでしょうか。

自分もしくは相手の心がころころころころ変わってしまうことが予想されます。それにより地に足のついた恋愛ができません。

もしくはあなたが本気になったとしても相手に受け入れられないということも起こるでしょう。

いずれにせよこの一年は恋愛運には見放されたような形にはなりますので、その点に関しては諦めてください。

ワンドの2