総合運

タロットカードで2020年の運勢を占った時に、ワンドの7が出たかたの、一年間について見ていきましょう。

この一年はご自身の優位な立場に持っていくために、周りと戦っていかなければならない時期ということが言えるでしょうう。

譲ってばかりですと自分の立場が危ぶまれ、生活が脅かされることも出てくるため、なんとかそれを死守しようと必死になるのです。

そして、それをクリアすることに勇気が湧いてくるので、どんな困難なことにもめげずに、前に進んでいくことができます。

たとえ元々の性格が柔らかく優しかったとしても、この一年間は気合が入ってくるうるせえなので、戦う姿勢を忘れないでしょう。

そのように強く自分を奮い立たせることが、度々訪れる1年ということが言えるのです。

また批判者や邪魔者に対しても、容赦なく行動するようになるので、あなたにとってプラスの行動をとっていくことが多いでしょう。

多少攻撃的になりすぎて、それによって新たな敵を作ってしまう可能性もありますが、そこはそれほど気にしなくても大丈夫。

あなたが強い気持ちを持って、自らを、そして自らの仲間を守ろうとする姿勢は、必ず運勢が味方についてくれます。

逆位置で出てきた場合にはどうでしょうか。

この場合はかなり状況が悪化してきてしまいます。

何もかも意欲がなくなり、優柔不断な生活になってしまう可能性が高く、あっという間に変なものに取り憑かれてしまう可能性があります。

ギャンブルにのめり込んでしまったりだとか、つまらないものに意識を向けることが増え、本来目指さなければいけないものを忘れてしまうだとか。

とにかく時間とお金を無駄遣いする場面が増えていきます。

さらに不利な状況の中で頑張らなければならないので、体力と気力の消耗が非常に大きいことも特徴です。

敵が多い中で、いかに自分自身をコントロールできるかが重要な運勢となっています。

この絵柄はまずはしっかりとご覧いただければと思います。

険しい岩の上に乗っかっている若者が、長い棒を振り回し、岩の下にいる敵と戦っています。

下からは6本の棒が彼に向かって突き出され、一人で6人の敵を相手にしていることがよくわかりいただけると思います。

そんな過酷な状況の中、うろたえることなく、果敢に敵に立ち向かっているその青年の性格は、非常に勇敢であることがよくわかります。

一見絶体絶命の状況に見えて、それでも諦めることなく、敵に向かっていきやがては勝利をおさめるのです。

状況からしてどう考えても、彼にとっては不利な戦いのように見えますが、実際のところはそうではありません。

6人の敵は彼から見ると、かなり低い位置にいて、岩の上まで登ってくることができません。

つまり敵は多いけれども、高い位置にいる自分自身は、むしろ有利な立場にいることが表現されているのです。

一見状況がこんなに見えても、実はかなり優位な立場にいるということはよくあります。

六本の棒をふり払わなければならない彼は、非常に困難な状況にいるように見えて、実は成功のカードだということが言えるのです。

この一年間あなたは、色々な混乱が訪れ、一見難しそうな状況の中でも、次なるステップを踏んでいくことができます。

そして最終的には、自分自身が良い方向に進んでいく、そのきっかけを手にすることができるのです。

どんな状況であったとしても、投げやりになることなく、自分の力を振り絞り、最後まで戦い抜いてください。

金運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでワンドの7を引いた方の、金運について見ていきましょう。

お金の面で言うと、自分自身が努力をすることにより、報酬アップが期待できる時期ということが言えます。

たとえあなたが負けそうになったとしても、くじけずに前進することにより、最終的にはお金を増やす可能性が高いのです。

また強い気持ちを持つことができるので、浪費をシャットダウンすることができます。

ただし逆位置で出てきた場合には、状況が変わってくるので注意をしていてください。

こまかい浪費が増えていってしまったり、ずさんな金銭管理からお金が目減りしていく可能性が高いのです。

また逆位置で出てきた場合には、争いごとが絶えない、精神的にタフな毎日が続いてしまいます。

その結果、自分自身を癒すということに対して、かなりお金を使うようになるのです。

これではいくらお金があったとしても、収入が支出に追いつくということはありません。

2020年の運勢占った時に、このカードが出た場合、特に金運に関しては、かなり差があることを覚悟しておいてください。

正位置で出てきた場合には、自ら勝ち取ることができますが、逆位置で出てきた場合には、かなり消耗してしまうことを覚えておくと良いでしょう。

仕事運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードで、ワンドの7が出たかたの、仕事について見ていきましょう。

この一年間はあなたの勝負強さが前面に出てきて、あなたの意見が通りやすい時期ということが言えるでしょう。

会社に対して不満があるのであれば、この時期にそれを伝えていくことが重要です。

また、困難を克服して成功するという運勢も出ているので、例えば交渉事だとか、大きなプロジェクトをまとめるという話になった時に、あなたの力が役立ちます。

忙しい日々が続く可能性は高いのですが、それでもやりがいのある仕事に就くことができるので、プラスに働くことがあるでしょう。

逆位置で出てきた場合にはどうでしょうか。この場合には忙しすぎて辟易するようなことが起こります。

また中途半端な労働意欲により、会社にとってもあなたにとっても、あまり喜ばしくない環境が整っています。

さらに言うと交渉ごとで負けてしまうので、思うように結果が出せない日々が続きます。

このように2020年は、逆位置で出てきてしまった場合には、あまり運勢がよろしくないことを覚悟しておくと良いでしょう。

ただし、それはあくまでいっときの状況なので、永久に続くというわけではありません。

そのあたりをしっかり頭に入れて、気持ちを落としすぎないように気をつけると良いでしょう。

是非貴方ご自身の、強い力を開花させてください。

恋愛運

2020年の運勢を占った時に、タロットカードでワンドの7が出たかたの恋愛運について見ていきましょう。

この一年はライバルとの争いに対して、有利に事を運ばせることができる1年ということが言えます。

また複数の異性があなたに接近をしてきて、一種の茂木のような感覚になることもあるでしょう。

交際する中で、あなたご自身がリードをしていく、そんな楽しい毎日を過ごすことができるので、とても良い一年だということが言えます。

しかし逆位置で出てきた場合には、ちょっと状況が変わってきますので注意が必要です。

恋の努力に疲れを感じることが増えたり、また中途半端な恋愛状況により、心が疲弊してしまう事が増えてきます。

またエネルギーが沸いてこないので、恋というものに対して気力が湧いてきません。

結果として良い恋愛をすることは難しい状況であると言わざるを得ないのです。

正位置で出てきた場合には、まさにチャンスの時ということが言えますが、逆位置で出てきた場合には、精神的負担がかなり大きくなります。

この一年恋愛に対して、どのように運勢を味方につけるか、しっかりと考慮をなさってください。

ワンドの7